過払い金の請求方法は

過払い金とは消費者金融などに支払い過ぎていたお金のことです。
過去に消費者金融などの金融機関はグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利でお金を貸し出していたことがあり、その金利に基づいて借入金を返済していた人は、正しい金利に基づく返済額を超える部分については取り戻すことができます。

過払い金の返還請求は、まず金融機関から取引履歴を取り寄せ、その履歴に基づき正しい金利に引き直し計算したうえで、金融機関と返還に関する交渉を行います。
当然これらの手続きは借り入れをしていた本人でも行うことができますが、金融機関と直接交渉することが必要ですので、それなりの知識が必要になってきます。
しかも相手方は金融やそれに関する法律のプロフェッショナルですので、対等な立場で交渉するのは素人では困難です。
そこで過払い金請求をする場合は、弁護士や司法書士など法律の専門家に交渉を依頼したほうがいいでしょう。
弁護士や司法書士の中には、過払い金請求を専門的に取り扱っているところもありますので、そのようなところを利用すればスムーズに交渉をしてもらえます。

無料相談の機会を設けているところも多く、費用は返還された金額の中から支払うこともできますので、お金の心配もそれほど必要ありません。
ただし過払い金請求には時効があるので注意が必要です。



民法の規定により、最後の取引から10年を経過している場合は時効が成立してしまう可能性があるのです。

過払い請求関する情報探しのお役に立つサイトです。

心当たりのある人は早めに専門家に相談するようにしましょう。

最先端のlivedoorニュースの情報を調べてみましょう。