過払い金の請求について

2010年に貸金業法が改正されたことにより、お金を借りた時の金利の上限が15~20%に統一されました。
この時に定められた上限金利と、出資法の金利の上限である29.2%の間はいわゆるグレーゾン金利というものです。


主に消費者金融や、クレジットカード会社がこのグレーゾーン金利で貸し付けを行っていましたがこの法改正を機に利息の上限が統一されましたが、上限利息を超えて利息を支払っている人が多くいることなどから、法律事務所なども力を入れて取り組みを行い始めたことで、CMや広告などをよく見かけるようになりました。

利息の過払い請求の起源は債務の完済後10年と定められており、グレーゾーン金利のでの貸し付けが2006年以降は基本的に行われていないこともあり、過払い金請求の起源も迫ってきています。では過払い金請求のメリット・デメリットは何でしょうか。

ビジネスジャーナルの情報を公開しているサイトです。

まずメリットについてですが、もちろん払い過ぎた利息が戻ってくるということです。

また、債務を完済していればブラックリストに載ることもありません。

逆にデメリットとしては返還請求をした取引業者とは今後2度と取引できなくなります。



過払い金の返還請求は自分で行うこともできますが、様々な手続きが必要になるため、時間・手間がかかります。ほとんどの弁護士事務所が着手金無料で対応してくれますし、相場としては返還された過払い金の2割程度を報酬として支払えばよいので弁護士などの専門家に依頼することが得策かと思われます。

ニコスの過払い金サイト利用者からとても評判です。